タグ「発露」|音楽ニュース速報掲示板 にゅーじっく

タグ「発露」

「発露」と一緒に検索されているワード

  • 発露する,
  • 発露 類語,
  • 発露 英語,
  • 発露 画像,
  • 発露 痛い,
  • 発露と排臨,
  • 発露させる,
  • 発露 看護,
  • 発露 分娩,
  • 発露 意味,
  • 発露とは,
  • 発露 類語,
  • 発露する,
  • 発露 画像,
  • 発露 英語,
  • 発露する 意味,
  • 発露 排臨

May’n 「音楽でひとつになることは不可能じゃない」

1: 名無しさん 2018年04月25日 12:34:16 ID:0.net

May’n 「音楽でひとつになることは不可能じゃない」 アニソンシーンの歌姫として確固たるポジションを築き、今もなお第一人者としてその最前線を走り続けるシンガー、May’n。2008年にTVアニメ『マクロスF』に登場する“銀河の歌姫”シェリル・ノームの歌唱担当として登場して以来、May’n名義としては今年で10周年を迎える彼女だが、この10年でアニメとの距離感は変...

渋谷すばるは関ジャニ∞の“音楽的支柱”だったーーグループ脱退に寄せて

1: 名無しさん 2018年04月16日 15:00:12 ID:0.net

渋谷すばるは関ジャニ∞の“音楽的支柱”だったーーグループ脱退に寄せて アルバム『ジャム』のライナーノーツをはじめ、これまでに何度となく関ジャニ∞の記事やインタビューを担当させてもらってきたが、その多くは「音楽的な部分を引き出してほしい(書いてほしい)」という依頼だった。関ジャニ∞はデビュー当初から現在に至るまで、ロックバンド/ミュージシャンとしての側面を打...

Nulbarichのライブに感じた“バンドであること”へのこだわり ワンマンツアー東京公演レポ

1: 名無しさん 2018年03月22日 20:20:29 ID:0.net

Nulbarichのライブに感じた“バンドであること”へのこだわり ワンマンツアー東京公演レポ 「続き、歌いたくないなぁ……」 この日、ある曲の途中、JQはそう口にした。それは、歌ってしまえば曲が終わってしまう、音楽が鳴りやんでしまう……そんな思いから発せられた言葉だった。彼にとって音楽とは、それほど特別なものなのだ。 (関連:N*E*R*D、Nas、Stetsasonic……NulbarichJQが明かすルーツとなった...

坂本真綾、約2年ぶりの全国ツアー開幕「もっともっと進化していく再始動のツアーに」

1: 名無しさん 2018年03月12日 16:09:37 ID:0.net

坂本真綾、約2年ぶりの全国ツアー開幕「もっともっと進化していく再始動のツアーに」 坂本真綾が3月10日、大阪・大阪国際会議場にてライブツアー<坂本真綾LIVETOUR2018“ALLCLEAR”>をスタートさせた。 ◆<ALLCLEAR>大阪公演画像 約2年ぶりの全国ツアーとなる<ALLCLEAR>では3月から4月にかけて、大阪、台北、香港、東京の4都市で計6公演が行なわれる。初日公演では新旧織り交ぜたセットリス...

「日本ではまだまだタブー」仏カメラマンによる一般女性のヌードを写真集に

1: 名無しさん 2018年02月13日 22:00:00 ID:0.net

「日本ではまだまだタブー」仏カメラマンによる一般女性のヌードを写真集に (全7枚) フランス人カメラマンによって世界各国で撮影された一般女性のヌードをおさめた写真集および写真展の開催を目指し、「MotionGallery」にてクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げています。 【「日本ではまだまだタブー」仏カメラマンによる一般女性のヌードを写真集にの画像・動画をすべて見...

yahyel、待望のセカンドアルバム『Human』を3/7にリリース決定

1: 名無しさん 2018年01月19日 12:45:00 ID:0.net

yahyel、待望のセカンドアルバム『Human』を3/7にリリース決定 yahyelが待望のセカンドアルバム『Human』を3月7日にリリースすることを発表した。 結成から『FleshandBlood』期のyahyelは、人種・国籍・性別といった、エスニシティをはじめ様々な個にまとわりつく付帯情報を削ぎ落とすこと=雑音を削除することによって、逆説的に、“出自による差異と先入観に縛られた社会”...

中谷美紀が悲しいほどに美しい「黒蜥蜴」ついに開幕

1: 名無しさん 2018年01月09日 07:28:27 ID:0.net

中谷美紀が悲しいほどに美しい「黒蜥蜴」ついに開幕 中谷美紀が耽美と闇の世界に生きる女盗賊“黒蜥蜴”に挑戦した舞台「黒蜥蜴」が、2018年1月9日(火)より日生劇場にて、2月1日(木)より梅田芸術劇場メインホールにて上演される。 本作は三島由紀夫が残した戯曲の中でも最高傑作の一つと称されている代表作。「美」に執着する女盗賊“黒蜥蜴”と名探偵“明智小五...

“17歳の大林宣彦”による映画への誓い 荻野洋一の『花筐/HANAGATAMI』評

1: 名無しさん 2017年12月25日 16:00:46 ID:0.net

“17歳の大林宣彦”による映画への誓い 荻野洋一の『花筐/HANAGATAMI』評 クランクイン直前にロケ先の病院で余命3ヶ月を告げられた末期ガンの映画作家が、3時間にもおよぶ華やかな青春映画を豪快に撮り上げてしまう。『花筐/HANAGATAMI』では、にわかには信じられないことが本当に起こってしまっている。と同時に、どの1カットを見ても、この映画作家のものであることがたちどころに...

竹野内豊と麻生久美子、“声”を通した官能的な交わり 『この声をきみに』が描く恋と現実

1: 名無しさん 2017年11月03日 10:00:59 ID:0.net

竹野内豊と麻生久美子、“声”を通した官能的な交わり 『この声をきみに』が描く恋と現実 「あの瞬間、僕は4次元空間の迷宮のような君の不思議な空間の中に放り込まれた。鋭敏な言葉をひとつひとつ口にするたびに、僕らはあの空間でねじれてほどけて絡み合った」 参考:大人にこそ必要な優しい物語ーー竹野内豊主演『この声をきみに』が描く“朗読の心地よさ” 先週放送の第6話での、竹野内豊演じる穂...

商業映画が太刀打ちできない作品も 「MOOSIC LAB」と「PFFアワード」に見る、日本映画の多様性

1: 名無しさん 2017年10月08日 12:00:19 ID:0.net

商業映画が太刀打ちできない作品も 「MOOSIC LAB」と「PFFアワード」に見る、日本映画の多様性 シネコンの隆盛とリーマン・ショックによる経済情勢の変化が、大作と低予算作品の二極化を進めた結果、映画は“多様性の危機”に瀕してしまった。巨額の製作費をかけて、大量宣伝をおこなう一部の作品に観客の関心と動員が集中し、そういった作品とは異なるテーマやスタイルを持つ小規模作品がほとんど埋没して...

『コード・ブルー』山下智久の演技はなぜ心を掴む? 等身大の悩みに寄り添う「静」の演技

1: 名無しさん 2017年08月13日 06:00:57 ID:0.net

『コード・ブルー』山下智久の演技はなぜ心を掴む? 等身大の悩みに寄り添う「静」の演技 山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんらが再集結を果たし、ドラマ『コード・ブルー』が3rdシーズンを迎えた。2ndシーズンから7年が経過し、主演の山下さん演じる藍沢は脳外科医となっていた。そんな彼が再び救命センターに戻ってくるところから物語が始まった。 参考:戸...

RIP SLYME、主催フェス<真夏のWOW>で豪華アーティスト達とのスペシャルコラボも

1: 名無しさん 2017年07月18日 19:03:52 ID:0.net

RIP SLYME、主催フェス<真夏のWOW>で豪華アーティスト達とのスペシャルコラボも RIPSLYMEが7月16日(日)・17日(月・祝)に新木場STUDIOCOASTにて主催フェス<真夏のWOW2017>を二日間にわたり開催した。オフィシャルから届いたレポートをお届けする。 ◆<真夏のWOW2017>ライブ写真画像 ◆◆◆ 毎年「海の日」に開催され人気を博しているRIPSLYME主催の夏フェス<真夏のWOW>が、今年もい...

RIP SLYME、主宰フェスで豪華アーティストと夏を盛り上げる

1: 名無しさん 2017年07月18日 14:45:04 ID:0.net

RIP SLYME、主宰フェスで豪華アーティストと夏を盛り上げる RIPSLYME RIPSLYMEが7月16日・17日に、新木場STUDIOCOASTで主催フェス『真夏のWOW2017』を2日間に渡り開催した。記念すべき5年目での初の2DAYS開催となった今回は、16日のARENASTAGEに、「AwesomeCityClub」「CRAZYKENBAND」「FLYINGKIDS」17日に「DragonAsh」「FIREBALLwithHOMEGROWN」「MONGOL800」「Mo...

小野寺系の『メアリと魔女の花』評:“ジブリの精神”は本当に受け継がれたのか?

1: 名無しさん 2017年07月17日 10:00:26 ID:0.net

小野寺系の『メアリと魔女の花』評:“ジブリの精神”は本当に受け継がれたのか? 近年、新作を作る度の風物詩となっていた、宮崎駿監督の「長編引退宣言」。『風立ちぬ』完成時にも、本人が「またかと思われるかもしれませんが、今回はマジです」と言いながら、その後また撤回されたわけだが、スタジオジブリの製作部門は、復帰宣言の前に本当に解体されてしまった。 参考:『メアリと魔女の...

須藤凛々花の結婚発表を機に、“アイドルの恋愛禁止”を改めて考える

1: 名無しさん 2017年07月08日 10:00:54 ID:0.net

須藤凛々花の結婚発表を機に、“アイドルの恋愛禁止”を改めて考える 2017年のAKB48選抜総選挙で最も話題をさらったのは、NMB48・須藤凛々花の「結婚発表」だった。開票イベントでの発表直後から、「表舞台で発表するべきことなのか」「それが総選挙イベントという場であるべきだったのか」といった疑念を呈するものから、「アイドルとは何か」というきわめて大枠の問いをあらた...
http://new-sic.com/