タグ「演奏家」|音楽ニュース速報掲示板 にゅーじっく

タグ「演奏家」

「演奏家」と一緒に検索されているワード

  • 演奏家 英語,
  • 演奏家 募集,
  • 演奏家権利処理合同機構mpn,
  • 演奏家 写真,
  • 演奏家コンクール,
  • 演奏家 プロフィール,
  • 演奏家 ドレス,
  • 演奏家連盟,
  • 演奏家とは,
  • 演奏家コンクール,
  • 演奏家派遣,
  • 演奏家写真,
  • 演奏家写真ドットコム,
  • 演奏家募集,
  • 演奏家 英語,
  • 演奏家になるには,
  • 演奏家 プロフィール写真

雅楽楽器の“笙”がソフトウェア音源化、Virtuoso Japanese Series第四弾「SHO」

1: 名無しさん 2018年02月23日 17:04:21 ID:0.net

雅楽楽器の“笙”がソフトウェア音源化、Virtuoso Japanese Series第四弾「SHO」 雅楽の三管のひとつ“笙”がついにソフトウェア音源化、VirtuosoJapaneseSeries第4弾として「SHO」が登場した。3月20日まで15%OFFのイントロ価格で提供される。 笙は17本の竹管を持つ姿から鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれ、その音色はまるで“天井から降り注ぐ光”とも。そんな笙を世界初とも言える本格的なサンプ...

音楽とアートのフェス<Berlin Atonal> がベルリンでオーガナイズしてきたイベント<New Codes>日本版の詳細発表

1: 名無しさん 2018年01月30日 12:45:44 ID:0.net

音楽とアートのフェス<Berlin Atonal> がベルリンでオーガナイズしてきたイベント<New Codes>日本版の詳細発表 ドイツ、ベルリンの音楽とアートのフェスティバルr<BerlinAtonal>が日本における国内外のアーティストによる新たな音楽やサウンドアートの制作、奨励、発表することを使命とする実験音楽のプラットフォーム、N/Aが東京と京都の二都市で開催するクラブイベント<NewCodes>の詳細を発表した。 ◆<NewCodes>...

ミキサー&レコーダー機能も装備、実践的リズム・パターンを多数搭載した多機能リズム・マシン「KR-55 Pro」

1: 名無しさん 2018年01月19日 11:48:45 ID:0.net

ミキサー&レコーダー機能も装備、実践的リズム・パターンを多数搭載した多機能リズム・マシン「KR-55 Pro」 リアルなドラム/パーカッション・サウンドをバックに気軽にセッション・プレイが楽しめるリズム・マシン「KR-55Pro」がコルグより登場。豊富な入出力やミキサー機能、レコーダー機能など多彩な機能を備えた多機能なモデルだ。 「KR-55Pro」は、まるで本物のドラマーやパーカッショニストがその場で叩いている...

SURFACE、8年ぶり復活 5・27再始動ライブ

1: 名無しさん 2018年01月06日 07:25:00 ID:0.net

SURFACE、8年ぶり復活 5・27再始動ライブ 2010年6月に解散した男性2人組ユニット・SURFACE(サーフィス)が、8年ぶりに再始動することが明らかになった。デビュー20周年記念日の5月27日、東京・豊洲PITで行われるライブで復活する。 【写真】2010年解散発表時のSURFACE ボーカルの椎名慶治(42)、ギターの永谷喬夫(41)からなるSURFACEは、1998年5...

SURFACE再始動! 椎名慶治「自分達のワガママでRe:STARTさせる」永谷喬夫「お会いできることを楽しみに」

1: 名無しさん 2018年01月05日 18:30:00 ID:0.net

SURFACE再始動! 椎名慶治「自分達のワガママでRe:STARTさせる」永谷喬夫「お会いできることを楽しみに」 今年デビュー20周年を迎えるSURFACEが、2018年5月27日のライブで再始動する。 椎名慶治(vo)、永谷喬夫(g)から成るSURFACEは、1998年にシングル『それじゃあバイバイ』でメジャーデビュー。ドラマ『ショムニ』の人気を追い風にデビューから華やかに音楽シーンに登場したが、2010年6月13日の東京国際フォー...

解散から8年、SURFACEが再始動を発表

1: 名無しさん 2018年01月05日 12:22:29 ID:0.net

解散から8年、SURFACEが再始動を発表 ――解散から8年。SURFACEが再始動する。 1998年シングル『それじゃあバイバイ』でメジャーデビュー。ドラマ「ショムニ」の人気を追い風にデビューから華やかに音楽シーンに登場したSURFACE(サーフィス)は、エッジの効いたポップロックと洒落っ気のある歌詞の魅力と相俟って人気を博しながら2010年、解散。椎...

三代目JSB、G-DRAGON、赤西仁……優れたトラックメイカーのサウンドが楽しめる新作

1: 名無しさん 2017年12月12日 08:00:18 ID:0.net

三代目JSB、G-DRAGON、赤西仁……優れたトラックメイカーのサウンドが楽しめる新作 ポップスを聴く場合、どうしても歌詞とメロディに耳がいってしまうことが多いと思うが、トラックを意識してみることで、まったく違った魅力を感じられることもあるはず。そこで今回は、優れたトラックメイカー、リミキサーが参加した新作を紹介。刺激的かつ実験的なビート、アレンジ、サウンドメイクをじっく...

香香の実物大ぬいぐるみも登場! 『シタマチ.スケートリンク』オープニングセレモニーレポート

1: 名無しさん 2017年12月07日 20:53:26 ID:0.net

香香の実物大ぬいぐるみも登場! 『シタマチ.スケートリンク』オープニングセレモニーレポート 『おかちまちパンダ広場シタマチ.スケートリンク』のオープンニングセレモニーが、オープン前日の12月7日に開催された。ゲストとして、二胡演奏家の高山賢人、プロフィギュアスケーターの本田武史、同スケートリンクの初代応援ガールに就任した佐藤美希が登壇した。 参考:IvytoFraudulentGameが語る“音楽を描...

パッパーノのサン=サーンス 抗いがたい魅力(Album Review)

1: 名無しさん 2017年11月11日 12:12:00 ID:0.net

パッパーノのサン=サーンス 抗いがたい魅力(Album Review) サン=サーンスといえば、バレエなどでもお馴染み、あのチェロの旋律美しき「白鳥」を思い出す方も多かろう。このディスクには、その「白鳥」を含む『動物の謝肉祭』と交響曲第3番「オルガン付き」が収められている。 作曲家としてのみならず、凄腕ピアニスト、即興演奏を得意とするオルガニストとして三足の...

マルーン5、前作から「合理的な前進」と表現する新作『レッド・ピル・ブルース』を語る

1: 名無しさん 2017年11月10日 18:05:00 ID:0.net

マルーン5、前作から「合理的な前進」と表現する新作『レッド・ピル・ブルース』を語る マルーン5がリリースしたニュー・アルバム『レッド・ピル・ブルース』がこれまでの作品より若干落ち着いて聴こえるとしたら、それは気のせいではないようだ。 ギタリストのジェイムス・ヴァレンタインは米ビルボードとのインタビューで、「注目すべきは、俺たちがもう全然ひよっこではないってことで、ああい...

椎名林檎、セルフカバー集第2弾『逆輸入 〜航空局〜』リリース&2018年ツアー決定

1: 名無しさん 2017年11月02日 20:45:34 ID:0.net

椎名林檎、セルフカバー集第2弾『逆輸入 〜航空局〜』リリース&2018年ツアー決定 写真をもっと見る 椎名林檎がセルフカバーアルバム第2弾『逆輸入〜航空局〜』を12月6日にリリースすることが決定した。 本年の椎名林檎は、TVアニメ『昭和元禄落語心中-助六再び篇-』の主題歌として林原めぐみ扮する“みよ吉”へ提供した「今際の死神」、TBS火曜ドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」、...

椎名林檎 約3年ぶりのアルバムリリース&全国ホールツアー開催決定

1: 名無しさん 2017年11月02日 15:41:34 ID:0.net

椎名林檎 約3年ぶりのアルバムリリース&全国ホールツアー開催決定 本年の椎名林檎は、TVアニメ「昭和元禄落語心中-助六再び篇-」の主題歌として林原めぐみ扮する“みよ吉”へ提供した『今際の死神』、TBS火曜ドラマ「カルテット」の主題歌『おとなの掟』、GINZA-SIXグランド・オープンへ寄せた楽曲『目抜通り』など、依頼があった場面へ粛々と詞曲を書き下ろし、折々の季節をほ...

荏開津広『東京/ブロンクス/HIPHOP』第8回:カルチャーの“空間”からヒップホップの”現場”へ

1: 名無しさん 2017年10月29日 18:00:12 ID:0.net

荏開津広『東京/ブロンクス/HIPHOP』第8回:カルチャーの“空間”からヒップホップの”現場”へ 日本でスネークマンショーがTheSugarhillGangの「Rapper’sDelight」をラジオ番組でカバーした翌年の1981年、ニューヨークのポップ/ロックバンド、Blondieが「Rapture」という曲をリリースした。ディスコ/ファンクを意識した“歓喜”というタイトルのこの曲の途中、ボーカリストのデボラ・ハリーが今では有名な...

高田漣が語る、ルーツミュージックとの向き合い方「舶来の音楽をどうやって日本語で表現するか」

1: 名無しさん 2017年10月07日 16:00:51 ID:0.net

高田漣が語る、ルーツミュージックとの向き合い方「舶来の音楽をどうやって日本語で表現するか」 高田漣が約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『ナイトライダーズ・ブルース』をリリースした。ギター、スティールギター、バンジョーなどとマルチ弦楽器奏者して知られ、細野晴臣、?橋幸宏、森山直太朗をはじめ数多くのミュージシャンをサポートする一方、父・高田渡の遺伝子を受け継ぐシンガーソングライター...

KOKIA×オーケストラ、明日いよいよチケット発売。聖夜の訪れを告げるファンタジックな音世界に注目

1: 名無しさん 2017年10月06日 18:10:00 ID:0.net

KOKIA×オーケストラ、明日いよいよチケット発売。聖夜の訪れを告げるファンタジックな音世界に注目 12月10日に開催されるKOKIAによる待望のフルオーケストラ公演のチケットが、いよいよ明日10月7日より各プレイガイドで発売開始となる。 KOKIAライブ写真(全2枚) KOKIAのオーケストラとの共演は、2014年、2015年に引き続き約2年ぶり。毎回、音と光が織りなす色彩感豊かな舞台が音楽ファンを魅了する。今や、...
http://new-sic.com/