NMB48ツアー初日、山本彩卒業に同期吉田朱里「いずれこういう日が来るんだなと思ってました」|にゅーじっく

2018年07月31日

NMB48ツアー初日、山本彩卒業に同期吉田朱里「いずれこういう日が来るんだなと思ってました」

1: 名無しさん 2018年07月31日 00:33:04 ID:0.net

NMB48が『NMB48LIVETOUR2018inSummer』の初日公演を東京・中野サンプラザで行った。

コンサートには選抜メンバーとして山本彩、吉田朱里、太田夢莉、渋谷凪咲、山本彩加、城恵理子、上西怜、岩田桃夏、植村梓、谷川愛梨、川上千尋、梅山恋和、沖田彩華、小嶋花梨、山田寿々、磯佳奈江の16名が出演。NMB4848ツアーは2年ぶりであり、中野サンプラザで行うのは初めて。

コンサートのスタートでは、メンバーがひとりずつ紹介され、全メンバーが横並びになり、格闘技のオープニングのようなカッコいい演出からスタート。そこでオープニング曲となったのがノリノリで楽しい曲でおなじみの『ワロタピーポー』。続いて『オーマイガー!』『北川謙二』と人気曲を一気に歌い上げ、すでにメンバーもファンもフルスロットルになっていた。


NMB48ツアー初日、山本彩卒業に同期吉田朱里「いずれこういう日が来るんだなと思ってました」

ユニットコーナーでは、5期生(山本彩加・梅山恋和・上西怜・岩田桃夏・山田寿々)による『GoodTiming』の初披露から始まり、谷川愛梨と植村梓による『狼とプライド』、さらに山本彩と吉田朱里の一期生コンビが『アボカドじゃねーし』と意外なユニット曲で集まったファンを魅了した。

後半には人気のシングル曲を中心のセットリストが組まれ、AKB48の人気曲『ポニーテールとシュシュ』では、イントロが流れた瞬間に大きなざわめきが起きた。さらにメンバーが客席に降り、歌うサプライズがあり、集まったファンのボルテージは最高潮に達した。ステージに戻ってきた山本彩は、「衣装のチャックを閉め忘れたまま出てきちゃったので、そのままそこらへんを走ってました」と明かし、まさかのドジっぷりに会場は大爆笑。楽しい雰囲気になったところで、最後の曲『しがみついた青春』を歌い本編の幕を閉じた。

会場が暗転するとアンコールとして「NMB48」コールが発動された。そのアンコールに応えて『虹の作り方』を歌うのだが、そこには参加の予定のないNMB48のメンバーが集まり、総勢57名が登場した。

続けて山本彩がメインボーカルを務めるAKB48の『365日の紙飛行機』を歌いコンサートの幕が閉じようとしたところ、山本彩が卒業発表を行い、会場は騒然。一期生で同期の吉田朱里は、「いずれこういう日が来るんだなと思ってました。まずはここまで自分のやりたいこともあっただろうし、NMB48に時間と夢を捧げてくれてありがとうございますと労った。

ⓒNMB48

名前 :
http://new-sic.com/