星野源の『AERA』連載が書籍化 細野晴臣、野木亜紀子、バカリ、設楽ら登場|にゅーじっく

2018年05月22日

星野源の『AERA』連載が書籍化 細野晴臣、野木亜紀子、バカリ、設楽ら登場

1: 名無しさん 2018年05月22日 11:52:49 ID:0.net

星野源の『AERA』連載が書籍化 細野晴臣、野木亜紀子、バカリ、設楽ら登場
星野源の対談集『AERAMOOK「星野源音楽の話をしよう」』が6月27日に刊行される。

【もっと大きな画像を見る】

同書は、雑誌『AERA』で2016年4月から2018年3月まで掲載された星野の対談連載『音楽の話をしよう』を書籍化するもの。連載開始から2017年3月までの記事を、誌面ではカットされた部分も含めて収録し、再構成している。撮影は写真家の平野太呂が手掛けている。

登場するゲストは、細野晴臣、設楽統(バナナマン)、吉野寿(easternyouth)、神前暁、生田斗真、バカリズム、宮野真守、有村架純、古田新太、ディーン・フジオカ、野木亜紀子、小林直己(EXILE、三代目JSoulBrothersfromEXILETRIBE)の12人。ホストを務める星野とゲストは喫茶店のカウンターで肩を並べて座り、台本も質問案もなく、2人の出会いや仕事への思い、ドラマの裏話、好きな音楽や思い出のCDの話などを展開。連載開始時に星野が語っていた「雑談の中には本質が眠っている」というコメント通り、音楽に留まらない様々なエピソードを明かしているという。
名前 :
http://new-sic.com/