エミネム、コーチェラ・フェスティバルの舞台でドクター・ドレーと競演|にゅーじっく

2018年04月17日

エミネム、コーチェラ・フェスティバルの舞台でドクター・ドレーと競演

1: 名無しさん 2018年04月17日 14:40:00 ID:0.net

エミネム、コーチェラ・フェスティバルの舞台でドクター・ドレーと競演
米国現地時間4月15日、コーチェラ・フェスティバル3日目のトリを務めたのはエミネム。反逆のヒップホップを叩きつけた彼をアシストしたのは、ドクター・ドレー、50セント、スカイラー・グレイといういつもの仲間たちだった。

「コーチェラ、俺がヤク中だった頃にタイムスリップしてもいいか?」

エミネムは自虐的な笑いのツボを心得ている。これに続いて(ジミー・キンメルが事前に録音していた)数分間の”悪意のあるツイート”が読み上げられた。ヒップホップのアイコンになったエミネムにかつて向けられたものだ。これに対するエミネムの答えとして、「マイ・ネーム・イズ」を披露。ブレイクするきっかけとなった1999年のシングルで、エミネムの力強いラップが広く認知された曲でもある。

ベテランの域に達していても、エミネムは相変わらず聴く者の痛みを刺激する。彼のライブのオープニングは巨大スクリーンに映ったキングコング大のスリム・シェイディで、ストリートを徘徊しながら、車を叩き潰し、人々に中指を立てて破壊行為を繰り返す。しかし、彼が作る反逆と疑いの歌はフーリガン行為を称賛したことなど一度もない。それどころか、人間の奥底に響く深い意味を含んでいた。

ステージに登場したエミネムは、衰退するデトロイトの工場を感じさせる衣装を着ていた(セットの給水塔には市外局番313が目立つようにペイントされていた)。のちにこのデトロイトの工場は燃え上がり、活気が消えたアメリカ中部の地方都市の再開発予想図のような風景が登場する。ステージを歩きまわりながら、軽快さが逆に恐怖を感じさせる「キル・ユー」のリリックを怒鳴るように放ち、白のトレーニングウェア姿でビートに合わせて飛び跳ねた後、観客を脅迫するような「ザ・ウェイ・アイ・アム」へと突入した。

エミネムの背後には常にフルバンドとストリングスがいる。つまり、サンプルは一切使わず、彼らがエミネムのラップを支えるビートとメロディを生演奏していのだ(「シング・フォー・ザ・モーメント」の中のエアロスミスのヒット曲「ドリーム・オン」ももちろん生演奏だ)。

近年のエミネムは長期のツアーから遠ざかっているため、コーチェラのステージを特別なものにしようと準備を整えてきたようだ。ビヨンセとのデュエット曲「ウォーク・オン・ウォーター」にビヨンセ本人が登場することはなかったが、前夜のビヨンセの劇的なステージを見た後では、たとえ彼女が登場したとしても盛り上がりに欠けた可能性は否めないだろう。代わりに登場したのが、シンガー・プロデューサーのスカイラー・グレイ。彼女は「スタン」ではダイドの代役として、「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ」ではリアーナの代役として、ヒリヒリと焼け付くようなヴォーカルで巧みな歌を披露した。

エミネムの友人でありプロデューサーの50セントはリングに上がるボクサーのごとく登場し、激しく飛び跳ねながら、「ペイシェイントリー・ウェイティング」「アイ・ゲット・マネー」「イン・ダ・クラブ」という難しいラップ曲3曲を牽引した。そして、ドクター・ドレーとの共演は、マーシャル・マシューズをスターにした、かつてのプロデューサーとラッパーという関係性が再現され、エミネムが狂ったように「Dr.Dresdead,heslockedinmybasement…」とラップし始めるとドクター・ドレーが出現した。

これをきっかけに、ライブは一気に90年代のドレーの音楽にシフトし、「ナッシン・バット・ア・G・サング」のスヌープ・ドッグのラインをエミネムがラップし始めたのだった。ラップ・スターとしてのドレーはステージに登場することがほとんどないのだが、コーチェラへの出演は実現する努力をしているようで、近年彼が登場する唯一のステージとなっている。2012年にはスヌープと共にヘッドライナーとしてライブを2回行い、2017年はアイス・キューブのセットでN.W.A.再結成を実現した。そして2018年はエミネムのステージに登場したのである。

エミネムにとって、ドクター・ドレーと共に築いたキャリアの第一章は、自分自身、衝突するエゴ、人生とアートへの妄想と葛藤を自分の言葉で紡ぎながら作り上げていったものだった。何千もの観客を前にして、エミネムは今でも自己不信やフラストレーションを、決して妥協しないテクニックと音楽に乗せて表現している。「ウォーク・オン・ウォーター」の一節の「Willthisstepjustbeanothermisstep/Totarnishwhateverthelegacy,loveorrespect,Ivegarnered?/Therhymehastobeperfect,thedeliveryflawless」(※このステップもまた間違いになるのか/苦労して手に入れたレガシーや愛やリスペクトを台無しにするのか/ライムは完璧じゃなきゃダメ、言葉は淀みなく出てこなきゃダメなんだ、という意味)がそれを物語っている。

スリム・シェイディを同世代のアイコンにした要素すべてが、この日のステージに凝縮されていた。
エミネム、コーチェラ・フェスティバルの舞台でドクター・ドレーと競演
外部サイト エミネム、フロリダ乱射生存者の少年と全米ライフル協会にラップで攻撃 エミネムがすべてをさらけ出す、新作『リバイバル』全曲解説 エミネム、新曲でドナルド・トランプと支援者を痛烈に批判
名前 :
http://new-sic.com/