フェンダー、歴代の名作を融合させた新シリーズやエフェクトペダル、アコギなどNAMM発表の新製品をお披露目|にゅーじっく

2018年03月09日

フェンダー、歴代の名作を融合させた新シリーズやエフェクトペダル、アコギなどNAMM発表の新製品をお披露目

1: 名無しさん 2018年03月09日 18:43:37 ID:0.net

フェンダー、歴代の名作を融合させた新シリーズやエフェクトペダル、アコギなどNAMM発表の新製品をお披露目
フェンダーミュージックが、THENAMMSHOW2018で発表された春夏に向けた新製品の展示会を国内で開催。エレクトリックギターの新シリーズや個性的なアコースティックギター、エリック・ジョンソンのシグネチャーモデル、本格参入となるエフェクトペダルなど、数多くのモデルを披露した。いずれも発売次期は順次アナウンス予定となっている(一部はすでに発売中)。

■50/60/70年代の代表的な仕様を再現したAmericanOriginalシリーズ

2018年のブランドアイコンモデルとなるAmericanOriginalシリーズは、1950年代、60年代、70年代のヴィンテージモデルのリイシューで、昨年までリリースされていたAmricanVintageシリーズの後継となる。AmricanVintageシリーズでは52年モデルや64年モデルと年代を細かく区切り、再現度の高いモデルを製作していたが、その分作業工程が増え、価格も上がっていたという。そこで、今回のAmericanOriginalシリーズでは50年代、60年代、70年代、それぞれの代表的なスペックを落とし込んだモデルとし、大幅な低価格化が実現。AmericanVintageが約35万円だったのに対し、AmericanOriginalは約27万円から。すでに発売中だ。

単なるヴィンテージのリイシューにとどまらず、現代のプレイヤーに合わせたブラッシュアップもなされた。たとえば'50sStratocasterでは3-Wayスイッチを5-Wayに、指板のRを7.25インチからより平たい9.5インチに変更されている。また、従来付属していたケースやストラップは使用していないユーザーが多かったということから省かれている。

■名作のDNAを融合したユニークな仕様のParallelUniverse

「並行宇宙」という意味を持つParallelUniverseシリーズは、「フェンダーが今とは違う別の運命を辿っていたらどんな製品を作っているだろう?」という想像から製品化されたシリーズ。フェンダー歴代の名作ギター、ベースのDNAをかけ合わせたハイブリッドモデルだ。たとえば、テレキャスターのボディにストラトキャスターの回路やネックを付けた合体モデルや、HSSのテレキャスターをはじめ、フェンダー“らしくない”モデルがラインナップされる。今回は国内への入荷が間に合わず見ることはできなかったが、ジャズマスターとテレキャスターを融合したモデルや、ジャガーのルックスをテレキャスターに落とし込んだモデルなど、ユニークなラインナップが揃う。

また、Jazzmasterの60周年記念モデルとして、LimitedEdition60thAnniversary'58Jazzmasterが登場。58年にレオ・フェンダーが考案し、最初に作ったプロトタイプを当時の写真や設計図をもとに復元。仕様はその後のものとは異なり、たとえばノブはハットではなくテレキャスターと同じタイプとなっている。60周年記念モデルは今後もリリース予定。

■セミホロウのエリック・ジョンソン・シグネチャー・ストラトキャスター

EricJohnsonThinlineStratocasterは、世界的なギタープレイヤー、エリック・ジョンソンのシグネチャーモデル。Thinlineのセミホロウの構造をストラトキャスターに取り入れたいというエリック・ジョンソンが長らく抱いていた思いを具現化した、軽量でありながらリッチなサウンドが得られるモデルだ。

セミホロウ構造ではコンター部が割れやすいということで実現には時間がかかったが、技術の進歩により今回ついに製品化。ニトロセルロースラッカー仕上げ、2ピースのセイホロウアルダーボディにストラトキャスター仕様のシングルコイル3基を皿ビスでマウント。弾きやすい'57SoftVシェイプのメイプルクォーターゾーンネックには305Rのメイプル指板とミディアムジャンボフレットを採用する。カラーは2-ColorSunburstEricとVintageWhiteの2色をラインナップ。3月8日より発売中。
1 2 3 次へ
名前 :
http://new-sic.com/