三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」|にゅーじっく

2018年02月23日

三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」

1: 名無しさん 2018年02月23日 03:00:09 ID:0.net

三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」


【詳細】他の写真はこちら

三代目JSoulBrothersfromEXILETRIBEの今市隆二とベッキーがMCを務める音楽番組『LOVEorNOT♪』。その最終回が、2月23日1時より配信スタート。

最終回は番組公開収録が行われ、今市隆二がソロプロジェクトで話題の2曲歌唱した。

■「ちょっと緊張してます」(今市)

今市「皆さん、こんばんは!今夜の『LOVEorNOT♪』は公開収録でお送りしたいと思います!」

ベッキー「ファンにお会いするのは久々じゃないですか?」

今市「お久しぶりです!」

ベッキー「今日はですね、今市さんが1月から3ヵ月連続で配信を行っているソロプロジェクトの中から2曲歌っていただけるということです」

今市「ちょっと緊張してますし、初めてパフォーマンスする曲もあるので。しかも今日バンドがいつもと違ってですね、今夜限りのスペシャルバンドなんで、皆さん楽しんでいってください」

ベッキー「三代目JSBでもバンマスで、今回の音楽監督をしていただきました、佐野健二さんでーす。今回はですね、先日公開収録イベントのバンドメンバー募集に応募していただいた方も参加していると。結構みんなでビデオ観ましたね。あの中の誰かが来てるということなんですね。それでは、バンドメンバーを紹介していただきましょう。キャプテン、お願いして良いですか」

佐野「喜んで!まずはトップバッター、ドラム中村真行!」

ベッキー「中村さんはまさに一般公募の中から選ばれたメンバーということで、今回のバンドでは最年少の24歳。ビデオでいろんな角度から撮った自分を送ってくれた」

中村「少しでも見やすい方が良いかなと思って」

今市「めちゃめちゃ見やすかった」

ベッキー「どうですか?こういう公開収録でバンドで」

中村「緊張すごいですけど、楽しみでしかたなかったんで、ご連絡いただいたときは」

今市「では、意気込みを」

中村「せっかくいただいた機会を楽しんでいきたいので、皆さんよろしくお願いします」

佐野「続いては、ベース!彼、俺よりちょっと上手いかもしれないです。村田隆行!」

ベッキー「村田さんはですね、三代目JSBのツアーバンドメンバーでもあるキーボーディストのNOBU-Kさんからの推薦ということで」

佐野「続いて、キーボード!俺の右腕です。永井誠一郎!」

ベッキー「永井さんも三代目JSBツアーバンドメンバーでキーボードを担当されてるんですよね」

今市「自分のピアノの先生です」

ベッキー「永井さんから見て今市さんのピアノはどうですか?」

永井「すごい努力家なんですよ。あと、前の日飲んだ次の日のレッスンが調子良いんですよ。抜けてる感じが」

佐野「ラストはですね、ギター!今度は左腕です。木島靖夫」

ベッキー「木島さんも三代目JSBツアーバンドメンバーで、ほかにも以前ゲストで来ていただいた清水翔太さん、JAY’ED、加藤ミリヤさんもサポートされていると」

今市「自分のギターの先生です」

ベッキー「また聞きましょう。どうですか?ギターの腕前は」

木島「予習がすごいんですよ。なんでこのコードの押さえ方知ってるの?って聞くと、YouTubeですごい見てと」

ベッキー「飲んだ次の日調子良いとか、ギターはどうですか?」

木島「上手です。早く見たいです、弾いているところを」

■1曲目「ONEDAY」

ベッキー「こんなバンドメンバーの皆さんとお送りするわけなんですが、今市さん、1曲目は何ですか?」

今市「『ONEDAY』です」

ベッキー「『ONEDAY』ってあの氷の?氷の歌?(MVを)観ました?皆さん!改めてですけどどんな曲か教えてください」

今市「ソロプロジェクト第1弾シングルなのでソロデビュー曲と言っても過言ではないですし、自分の好きなR&Bが存分に表現されてる曲です」

ベッキー「ちなみに『ONEDAY』というタイトルにはどんな思いが込められているんでしょうか?」

今市「『ONEDAY』というのは1日という意味で、大切な人と最後の夜、最後の別れの夜、最後の1日を表現したくて、ONEDAYというタイトルになってます」

ベッキー「ちなみにこのONEDAYをお客様の前でパフォーマンスするのは?」

今市「初めてです」

※「ONEDAY」歌唱

ベッキー「キャプテン、どうでした?」

佐野「絶好調ですね。カッコイイ」

ベッキー「最高でした。ほんとに、今市さんの声の素晴らしさがいちばん出てる楽曲な気がする。伸びやかな感じとか、透き通った感じとか。どうですか?歌ってみて」

今市「楽しかったですね。バンドもすごい素敵じゃないですか。バンド最高ですね」

ベッキー「中村さんどうでした?」

中村「楽しかったですね」

今市「村田さんどうでした?」

村田「僕大好きな音楽なんで。今日は今市さんの歌に寄り添うような感じで幸せです」

ベッキー「今市さんはどうなんですか?いつもと違うメンバーで」

今市「リハの1発目からすごいグルーヴも最高だったんで、言うことないって感じです」

■2曲目「Thankyou」

ベッキー「では次の曲は?」

今市「次は、『Thankyou』という曲を」

ベッキー「改めてですけど、どんな曲ですか?」

今市「この曲は3月に配信される曲なんですけども、1回ライブでは歌ったことがあって、自分が大好きなブライアン・マックナイトというR&Bシンガーと共作した曲で、自分の伝えたい思いをタイトルにして作りました」

ベッキー「ちなみに、その『Thankyou』は今市さんはどなたに届けたいと思った曲ですか?」

今市「これはもう出会った人、自分に関わってくれた人すべての方なので、キャプテンもベッキーさんもそうだし、今日来てくれた皆さんもです。あとバンドメンバーも。すべての人に伝えたいですね」

ベッキー「それでは、これから歌ってもらいますが、特に注目してもらいたいとこなどありますか?」

今市「自分がシンガーとして、これから歌い続けていきたい曲でもありますし、自分自身もこういう思いを忘れちゃいけないという思いで歌っているので、自分のど真ん中の思いが皆さんに届けばなと思っているので、ぜひ聴いてください」

ベッキー「キャプテン的には演奏で聴きどころなどありますか?」

佐野「バラードなんで、彼(今市)がいちばん歌いやすいように、彼ら(バンドメンバー)がどれだけサポートできるか、気持ちよく皆さんに伝わるかどうかです」

※『Thankyou』歌唱

ベッキー「すごーい、また聴き入っちゃう感じでした。どうでした?歌ってみて」

今市「すごく感情も込められたなというのもあったので、すごく伝わったら良いなと思います」

ベッキー「キャプテンから見てどうでした?」

佐野「伝わった。ほんと良い曲だし、今市の良いものが出るよね。素敵な曲です」

今市「キャプテン、バンドの皆さん、本当にありがとうございました」

ベッキー「さあ今市さん、改めてですけど、お客さまの前でソロ曲2曲歌ってみてどうでした?」

今市「すごい楽しかったですね。2曲じゃ少ない感じしますよね」

ベッキー「このソロプロジェクトなんですけど、とりあえず『Thankyou』でいったん終了って感じですか?」

今市「いったん終了です」

ベッキー「グループとソロのいちばんの違いは何でした?」

今市「グループだと臣(登坂)がいて、パフォーマーの5人がいて、そこのグループ感でぶつけられるものがあるんですけど、ソロは自分ひとりなので、そこは音楽で補うというか、自分は生音が好きなんで、今日も歌って最高だなと思ったので、そこは違うなと感じました」

ベッキー「今回のソロプロジェクトで吸収したものが、また次の三代目の時に反映されるでしょうね」

今市「まだ始まったばかりなので、まだまだ経験積まなきゃなと」

ベッキー「ちなみにソロライブなんかも今後はやっていきたいなーとか?」

今市「やりたいですね。めちゃめちゃやりたいです」

ベッキー「やっぱり三代目のときと違う表情だから、皆さんも三代目の今市さんも見たいし、ソロの今市さんも見たいと思うんで」

今市「良い発表ができるように」

■「ATSUSHIさんとか、来てほしいですね」(今市)

今市「楽しい時間はあっという間に終わってしまうということで、皆さんにお知らせがあるんですけど、この番組『LOVEorNOT♪』今回の放送で最終回となります。あっという間でしたね」

ベッキー「あっという間でしたね、毎回が楽しかったし」

今市「期間的には半年。どうでした?ベッキーさん」

ベッキー「なかなか会えないアーティストさんと結構近い距離で。皆さん心を開いていろんなトークしてくださったのがうれしかったです。でもずっとゲストの方がトークしてて、今市さんの曲いつ聴けるのかなとと思ったから、今日やっと実現して良かったです。今市さんはどうでしたか?」

今市「いろんなアーティストの方が来てくれて、ここまで音楽のことを語り合えることってあんまりないじゃないですか。しかもあんな近い距離で。すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」

ベッキー「どうですか?MCという仕事は」

今市「いやもうベッキーさんに助けられっぱなしでした。本当にありがとうございます」

ベッキー「もしもまた『LOVEorNOT♪』がスタートするとしたら、どんなことしたいですか?どんな方呼びたいとかでも良いですけど」

今市「ベッキーさんが好きなクレイジーケンバンド」

ベッキー「今市さんも呼びたい人いるでしょ」

今市が「ATSUSHIさんとか。来てほしいですね」

ベッキー「それは見たい。そのときは皆さん、極力黙りますんで安心してください。ふたりのトークを見たいから」

今市&ベッキー「それでは皆さん、ありがとうございました!」

リリース情報



2018.01.12ONSALE

DIGITALSINGLE「ONEDAY」

2018.02.16ONSALE

DIGITALSINGLE「Angel」

『LOVEorNOT♪』公式情報サイト(dTV)

https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0000684

『LOVEorNOT♪』公式情報サイト(FOD)

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/music/ser0133/

『LOVEorNOT♪』OFFICIALTwitter

https://twitter.com/loveornot_music

『LOVEorNOT♪』OFFICIALInstagram

http://www.instagram.com/loveornot_music/


三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」



三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」
名前 :
http://new-sic.com/