超美人おねえさん青山めぐ 季節外れのミニスカサンタでパンモロ|にゅーじっく

2018年01月16日

超美人おねえさん青山めぐ 季節外れのミニスカサンタでパンモロ

1: 名無しさん 2018年01月16日 01:01:13 ID:0.net

15日深夜放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)での恒例企画、”「言われてみれば見た事のないもの」を調査した件part19”に、”もも時計”から、もうすっかりおなじみ?となった青山めぐが登場した。


超美人おねえさん青山めぐ 季節外れのミニスカサンタでパンモロ

今回は「サンタクロースが入れる煙突のサイズ」。ミニスカサンタコスに身を包んだ青山が、60cm×60cmの煙突から検証を開始。アリの巣キットのように前方をアクリル板にしてスケスケに。村上信五も「あほや〜」と言いながら表情はにやにや。次の55cm×55cmサイズも「だいじょうぶでーす♪」とにっこり。「もはや何がだいじょうぶなのかはさておいて」とナレーションのあと、なんとCMを跨いで、35cm×35cmサイズの煙突に進入を試みると、きちきちで徐々にミニスカが捲れ上がってくる。村上は思わず「おおお!」と声を上げ、白い水着がもろ見えになると、手を叩いて歓喜した。VTRが終わっても笑いが止まらない村上は「あほや」をまた連発。しかし、担当の遠藤Dに「でもありがとうね」と感謝の言葉を贈った。マツコは冷静に「もも時計を超えるインパクトはまだ出てないわね」と分析した。

深夜に眼福な景色を見せてくれた青山に感謝だ。

名前 :
http://new-sic.com/