「ULTRA JAPAN 2017」閉幕 過去最大の悪天候でも3日間で12万人熱狂|にゅーじっく

2017年09月19日

「ULTRA JAPAN 2017」閉幕 過去最大の悪天候でも3日間で12万人熱狂

1: 名無しさん 2017年09月19日 18:41:37 ID:0.net

「ULTRA JAPAN 2017」閉幕 過去最大の悪天候でも3日間で12万人熱狂
【ULTRAJAPAN/モデルプレス=9月19日】9月16日〜18日にかけて開催された「ULTRAJAPAN2017」。今年は初日と2日目があいにくの悪天候に見舞われながらも、3日間でのべ12万人ものオーディエンスを歓喜させた。

【さらに写真を見る】過去最大の悪天候でも3日間で12万人熱狂「ULTRAJAPAN2017」の模様

◆総勢95組以上ものアーティストが登場


今回はULTRAMAINSTAGE、RESISTANCE、ULTRAPARKSTAGEに加え、LIVESTAGEが新設。計4つのステージにて総勢95組以上ものアーティストが登場したが、中でも一番の盛り上がりを見せていたのはULTRAMAINSTAGE。最大のキャパシティを誇るこのステージには、初日にSAMFELDTやNICKYROMERO、STEVEANGELLO、ALESSO。2日目にはKNIFEPARTYにHARDWELL、そしてTHECHAINSMOKERS。最終日はKYGOにSTEVEAOKI、さらにはTIËSTOなど、まさにビッグスターがそろい踏み。彼らはその実力を遺憾なく発揮し、終始オーディエンスを圧倒していた。

昨今のフェスではEDMはもちろん爆発的な破壊力を持つトラップを多用し、ヒップホップ、ハウス、さらにはハードスタイルまで様々なサウンドを駆使するのがある種のセオリー。多種多様な楽曲を巧みにミックスし、緩急を付けた大きな展開の中で幾度となくピークを生み出しながらも一貫したストーリーを作っていくことが求められている。彼らはみなそれをクリアしながら、なおかつ自らのアイデンティティを見事に打ち出していた。

◆過去最大の悪天候でも大熱狂


中でも、それが如実に現れていたのが2日目。矢継ぎ早にミックスし、数多のハイライトを生みだしていくHARDWELLに対し、THECHAINSMOKERSはトラップをベースに自身のアンセムを絶妙なタイミングで差し込んでいく。それは彼らの楽曲の強度があってこそ成せる業でもあるが、生粋のDJとしての存在感が際立つHARDWELLとプロデューサー気質のTHECHAINSMOKERSのコントラストはシーンの最前線を感じる上でとても有意義で、この上なく幸せな時間に。その証拠に、この日は4回目にして過去最大の悪天候となったにも関わらず、多くのオーディエンスたちが風雨をものともせずに大熱狂。むしろ、いつも以上の一体感が生まれ、それはダンスミュージック、そして「ULTRAJAPAN」への大きな愛を改めて感じさせるほどだった。

◆日本上陸のLIVESTAGE


ダンスミュージックが日々進化するように、その表現の場も進化していく。それはステージの造作や演出、そしてホスピタリティなどあらゆる面において言えることだが、今回の「ULTRAJAPAN」では同時にフェスティバルとしてのパッケージに新たな兆しが見えていた。その最たるものがLIVESTAGE。本家マイアミ「UltraMusicFestival(UMF)」でも注目を集めるLIVESTAGEが早くも日本上陸。もちろん、これまでにも本祭でライヴが行なわれることは多々あったが、それに特化したステージは初。

さらには、これまでの「ULTRAJAPAN」を格段に超える幅広い音楽性を実現したことも大きい。ダンスミュージックが主体となる本祭において、ポップやロックはもとより、ヒップホップやR&Bといったアーバンなサウンドも過去にはほとんど見ることがなかったが、LIVESTAGEではそれら全てを網羅。初日にはPANDORAやちゃんみな、水曜日のカンパネラが、2日目にはゆるふわギャングやSALU、KOHHが。3日目にはMIYAVIやCROSSFAITHが「ULTRAJAPAN」にフレッシュな息吹を吹き込んでいた。そして、そのなかでも大きな可能性を感じさせてくれたのがSALUとKOHHのステージ。

◆RESISTANCEも大盛り上がり


そんなLIVESTAGEと壁一枚隔てた場所には、漆黒のテントに覆われたRESISTANCEがあった。アンダーグラウンドのハウス、テクノの粋を極めたこのステージも今回で3回目。SETHTROXLERやNICFANCIULLI、SASHA|JOHNDIGWEEDといった錚々たる面々が集結していたが、今年最大の注目はなんといってもCARLCOX。世界のテクノシーンを牽引する巨匠であり、本家「UMF」の看板とも言える彼が満を持して「ULTRAJAPAN」初登場。その勇姿を見ようと最終日大トリを飾った彼のステージには多くのオーディエンスが詰めかけ、その期待に応えるべくCARLCOXは持ち前のグルーヴ感みなぎるプレイで熱狂の渦を創出。

かたや隣ではUNDERWORLD、さらにULTRAMAINSTAGEではTIËSTOがプレイ。長きに渡りダンスミュージックを牽引してきた偉大なる3組のアーティストが同時に登場する。こんなに贅沢なことはないと思う反面、オーディエンスにとっては誰を見るか、それは実に苦渋の決断だったであろうが…それも「ULTRAJAPAN」の醍醐味だ。

特定のジャンルやカテゴリに縛られることなく、あらゆるサウンドを包括した「ULTRAJAPAN」。今年も見事大成功を収めたが、次回は節目となる5回目。くしくも、本家マイアミの「UMF」も記念すべき20周年を迎え、さらなる進化が期待されているなか、「ULTRAJAPAN」もまた必ずや刷新し、新たな姿を見せてくれるはずだ。

◆フォトジェニックでアートな空間や女性専用エリアなども充実


音楽のみならずULTRAJAPANは楽しめる空間が充実。ULTRAPARKでは、日本を代表するアーティストによるアート作品の展示やライブペインティングを実施し、よりフォトジェニックな空間に。会場内では多くの人がスマホやカメラを片手にSNS映えするお気に入りの場所で写真を収め、新たなフォトスポットとなった。

さらに、女性専用エリアやパウダールーム、VIPラウンジ、フードなどホスピタリティーも充実していた。(modelpress編集部)

【NotSponsored記事】
名前 :
http://new-sic.com/